五次元って、”体感”できるの??

みなさんこんにちは、ロゴスタD子です。

うちのベランダにはみかんの木の鉢植えがあります。

去年まで、アゲハ蝶の幼虫に丸ハゲにされていました。
私はなんとそれを見守り、幼虫が蝶になるのを楽しみにしていたという…

でも去年、

これはみかんの木にとっては、すごくツライことなのではないか!?

と気づきまして。

丸ハゲの状態から葉っぱがついてきたときから

「今年はぜったい、アゲハ、ナシね!」
「ぜったい葉っぱを食べられません!」

と、みかんの木についての意志を発信。

すると…

今年はアゲハ、やってきません! スゲー!意志の力!!

でも…

花も、咲きません!!!!!((= ̄□ ̄=;))

アゲハって、花の蜜吸いにきたついでに、卵産んでたのか…
そりゃそうだよね…

あの良い香りの花、大好きなのに…

なんだか本当に申し訳ない気持ちです。

それに気づきまして、みかんの木を自由にし、
最適化を祈念することにいたしました。

意志には階層があると言いましたが、
神の視点で、「フトマニ」から意志を発するというのは、
こうしたあらゆる関係性が見えている状態からの発動なのだなと
あらためて思った次第です。

よく、ご家族やご友人の健康や就職、進学、結婚などのために

●●ちゃんが、結婚した!
□□くんが、▲▲大学に合格した!
△△さんの病気が完治した!

などの構文ファイルをロゴストロンで発信したい
というようなご相談がありますが、

そうしたいとき、ぜひこのアゲハとみかんの木のことを思い出して
ただただその人の最適化を祈念する構文を
発信してさしあげてくださいませ・・・

さて!
今回、ちょっと大事なお話です。
これまでのお話の中で、開発部長と五次元へワープしてきましたが、

「私も五次元へワープして、その様子を体感したい!」
「それにはどうしたらいいの?」

というお声をいただいてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

D子:
ワープするにはどうしたらいいのでしょう、開発部長。

開発部長:
あ・・・(大汗)。
確かに、これは誤解される方もいらっしゃるかもしれないねえ。

五次元ていうのは、そもそも

感じない、見えない、触れない、聞こえない、言葉にならない

というものなんですよ。
わかりにくいかもしれないので、説明しますね。

五次元というのは、確かにある瞬間、
「これって五次元かもしれない」ってことを
目のあたりにすることはあるんですけれども、

それって後から振り返って、
「あれはきっとそうだ」と思うようなもので、

五次元の意識に入るとか、
五次元の意識を体感するとか、
五次元の場の中にいるとか、

そういうものではないんです。

D子さんに見てもらったのは、
後から「あれは五次元かもしれない」って感じることがあった時に、
わかりやすいよう、敢えてビジュアル的に表してしてみたものなんだ。

本来、わたしたちが実際あんなふうに
五次元を見たり感じたりすることは、不可能なのです。

「五次元を体感する、五次元意識に入る」

などというのは全部、「時空間」が伴う表現ですよね。

わたしたちのからだも「認識」も、
四次元・時空間の中にあるわけです。

意識にも階層があって、
「認識」は時空間の中でしているんですが、
そのもとになる「意識」はどこからきてるかというと、
「五次元からきている」わけです。

白川神道の教えは

「祓いに始まり、祓いに終わる」

と、よく言いますよね。

これは、

「ひたすら、祓いで四次元を埋め尽くす」

ということなんですよ。

四次元時空は、
感じられて、見えて、触れられて、聞こえて、言葉になる・・・。

ところが、時間を網羅して、祓いで埋め尽くしていくと、

あるとき時間を超えて、五次元からの情報を瞬間的に
「ポッ」 「ポッ」と、キャッチすることがある、

というだけなんですよ。

D子:
そうか〜〜。
五次元って、本来はそういう捉え方しかできないんですね。

開発部長:
「ロゴストロン」には倍速で発振するものがありますが、
これは一秒に発振する回数を増やしていくことで、
時間を圧縮するという意味があるんだよ。

量子力学を学んだ人は知っていると思うけど、
時間をどれだけ圧縮しても、
プランク時間と呼ばれる「10のマイナス44乗」までが限界なんだ。

でも、それくらい圧縮していけば、
簡単に時間を飛び越えることだってできそうだよね。
ロゴストロンは、そこまでやってるわけじゃないんですが、
その原理を応用しているわけです。

研究所ではよく「スピードは神」って言葉が飛び交うけど、
それと同じで、時間を圧縮していくと、
不思議に時間を超えちゃうってことが起きるんだ。
それは体験しないとわかんないよね〜〜。

D子:
時間を「ロゴストロン周波数で埋め尽くしている」ということ??

開発部長:
そういうこと。
時間は有限で、「プランク時間」より短い時間はないわけだから。

ロゴソロジー研究会(※)でも
「言語空間論」というテーマを扱っているんですけどね。

動物には「今」しかない。
人間みたいなはっきりとした時間感覚がありません。

人間の「今」は、

過去、現在、未来ってすべてあるうえでの「今」、
「中今」なんですね。

D子:
動物には、過去、現在、未来とか、わかんないですよね。
動物の「今」は、「中今」とは違うってことか。

開発部長:
そうなんだよ。
だから、動物には「中今」を絶対につかめないのです。

そして、私たちがそれをつかむには、
過去・現在・未来をすべて、
「祓いで網羅する」必要があるわけです。

「祓いに始まり祓いに終わる」とか
「慢心しない」っていうのも、

常に自分の「四次元時空間に何もない状態」にして、
受け入れられる状態にしておくということなんです。

四次元時空間に 記憶や霊、常識などの鬱滞が存在すると、
そこで意識の広がりが止まってしまうんですよね。

それを祓って「空っぽ」にすることが、
四次元時空を網羅するっていうことなんです!

そうすると、七沢賢治代表がよく言うんですが、
「時間エネルギーを使う」とか、
「時間を縮める」とか「時間を伸ばす」とか、
そうした時空間の「操作」を、自在に体感できるようになるんですね!

D子:
は〜〜〜、そういうことなんですね。今回も勉強になりました!

※ロゴソロジー研究会・・・七沢研究所が主催する、最新情報を共有するディープなセミナー。
賛助会員の方が無料でご参加いただけます。

賛助会員

ロゴストロンLのスタンダードプランを申し込んだ方も、会員になれます。
このディープなセミナーを動画でもご覧いただけますよ・・・!
https://logostron.com/products/detail.php?product_id=7
(ロゴストロンコムのページは、ログインしてご覧くださいね!)

それではまた来週〜〜!!(⌒∇⌒)ノ”

「名無しの権兵衛」に「名無しの権兵衛」が、圧をかける??

みなさんこんにちは、ロゴスタD子です。

この4月から、和整体学院というところで
からだを健康へ導く施術を習い始めました。

D子ってあまり大きな病気をしたこともなくて、
わりと症状が少ないので、
ある意味からだへの意識が薄いといいますか。

臓器の形もどこにあるのかも働きも、
あまり関心がなかったんです。

「神・霊・魂・情・体」!

覚えていますでしょうか。

五階層は体が第一階層にあって基本です!

という意味で、
ないがしろにしてきた「体」について学べる
得難い日々でございます。

なにしろ体の働きって本当にスゴい!
たとえば肝臓って、
「代謝・解毒・排泄」の3つのはたらきがあるそうなんですが、
これを細分化すると約500種類にもなるそうですよ!
一人の肝臓を人工の装置で再現しようとすると、
東京ドーム以上の広さの工場が必要になるとのこと・・・

そんなスーパーなものを私たちは
生まれながらにして体に携えて生まれるのですね。

そんなスーパーな私たちは
この人生で何をしていくのか!

常に納得のいく選択をしていきたいです!

さてさて、今回は、
「名無しの権兵衛」と「圧」の関係について
いよいよ、完結・・・するのか!??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

D子:
開発部長、そろそろ完結しないと、
「生霊」が飛んでくるかもしれませんよ。

ここまでおさらいしますと・・・
全部が一つの状態の「名無しの権兵衛」状態の中、
圧が高まってきて、濃くなってきたことが意志になって、
わたしたちの中に入ってくるってことでしたよね!

開発部長:
そうそう。
「転職しなきゃ」
「あの人と結婚しよう」
「あの問題の答えはこれだ!」
「このアイデアを形にしたらどうだろう」って、
意志が起きるわけだね!

D子:
その名無しの権兵衛さんの中で、
「圧が高まる」という状態にも、階層があると。

そりゃそうですよね。

すべての「圧」が、
「名無しの権兵衛さんの作用」で高まるはずないっていうか・・・。

自分の思い込みで高まっていく圧もあるような。

開発部長:
そう! そういうことなのよ〜。

例えば

「この人が好き!」

という気持ちも、

純粋に「名無しの権兵衛さんの圧」で起きる場合も、
自分でいろんな情報を集めるにつれて、圧がかかってくる場合も、
過去の経験とか記憶とか、観念で起きる場合もあるわけだよね。

基本的に現象化の働きには、
言霊、情報、意志、意識、エネルギー、物質の順番で
「創造のパラダイムの展開」があるわけだけど、
(※詳しくはロゴスタディで扱っています!)

「記憶とか観念で起きる場合」というのは、
「四次元」に落ちた状態における圧、なんですね!

五次元の圧なのか、四次元の圧なのかによって、
顕現の仕方がまた全然違ってくるわけです。

 

「あの人と結婚しよう」

っていうのも、殆どの場合は四次元的な圧、
つまり「ニーズ的な判断」であることが多いよね。

かく言うわたしも過去には「結婚」で、失敗しかけたことがあります。

まさに先祖の霊の働き(四次元)で、結婚の運びになってね・・・。

しかし、「霊」の働きであったので、
最終的には、実現しなかったのです。
未然に祓われたというか、大きな学びでした。

D子:
え!? 開発部長も!?
わたしも失敗しかけたっていうか・・・イロイロありましたケド・・・。

やっぱり記憶とか観念に振り回されてしまいますよね!

開発部長:
そうなんだよ・・・
まあ、ものごとに失敗も成功もないし、すべては学びだからね・・・。

D子:
でも、それが自分にとって
「四次元の圧」なのか、「五次元の圧」なのかって、
どうしたらわかるんですか?

開発部長:
それはね・・・もう、祓っていくしかないわけですよ!!
祓い続けることによって、五次元に近づいていくからね。

そして祓っていったところで生まれてくる「圧」。
言霊や情報の「圧」によって発動するものは、
人類、宇宙、公にとって必要で、最適な「圧」なんだ。

この圧から降りてきた情報を、昔の言葉で

「神示」

と呼んでいたわけです。

「神示」なんて言葉を使うと、
ちょっと特別なように思われるかもしれないけど・・・

今は「人は本来、神だったってことを思い出す時代」だからね。

昔は、当たり前のこととして神示が降りていた、
そう捉えた方がいいんだよ。

これはすごく重要なことなんです!!

D子:
前に、開発部長が
「お祓いをした後、いつもぼーっとして何にも出てこないけど、
たまにふと、言葉が出てくるときがある」って言ってた・・・。

あれがそうなんですね!

本当に祓われた状態で、ゼロになったときに出てくるのは、
「五次元の圧」なんだ!!

開発部長:
そうだね、しっかり祓った後に、
自分の意図を超えて降りてくるものは、
おおむね、そういうものだね!

五次元にそうした「圧」がかかって情報が濃くなると、
それを雛形にして四次元や三次元、
ほかのすべての次元が展開してくるので、

「圧がかかってきたーーー!」

って感じが、「直感」として降りてくるわけです。

で、「これだ!」って思って行動して・・・
失敗することも、もちろんあるんですよ(笑)。

D子:
あるのか!!!

開発部長:
そりゃあ、あるさ。
でも、その繰り返しで、その圧の「質」というか、
「どの次元の圧なのか」ってところが、
だんだんわかってくるわけ。

だから結局、直感には従って、まずは行動した方がいい、
と思っているんです。

もう、それがどの次元の圧なのかわからなくても、
突っ込んでみるべきというか。

これはわたしの性格もあるんですが・・・。
そうしてみると、「あれは五次元だった」「あれは違った」って、
経験でわかるようになっていくんですよね!

D子:
なるほど〜 そういうことなのか。
名無しの権兵衛さんと「圧」の関係、
なんとなくわかった感じがしますけど、
こればっかりは、やっぱり体験がないと、
完全にはわからないですね!

ってことで、祓い&鎮魂&言霊発信、精進あるのみで!

開発部長:
やっとわかってくれたのね。
めでたしめでたし(泣)。

D子:
ほんとにめでたし!

 

言葉で「食器」が「帽子」に・・・!?

こんにちは、ロゴスタD子です。

今年は桜、長く楽しませてもらえましたね・・・。
桜祭りの時期とすっかりズレちゃって、
商売上がったりという話も耳にしましたが^^;

桜って、さし技じゃないと勝手には増えないと聞いたことがあります。
なのに、この春になると一斉にあちこちで咲き始めるあの数々の桜の木々・・・
過去に、いろんな人が桜を増やしてくれたんですね。

私たちの今があるのも、過去に生きた方々のおかげです。
私たちの今は、未来に生きる方々のためにもあります。

ということを七沢研究所であらためて教えられました。

 

そうそう、先日本当に大きな落し物というか置き忘れをしまして、
食材の買い物をした袋を、そのままどん!と電車に・・・
電車に乗ったのは、たった一駅です。
その間に、自分の横に置いたことを忘れて降りたってことなんです。

いや〜ほんとにマズいです。

「もう反転してもいい!」と「最適化」じゃなくて「出てきた!」にして
ロゴストロンLで構文を発信いたしまして、夕方ごろ、無事ご連絡いただきました・・・。
(前回、最適化、って発信して手袋が出てこなかったので。
どうしてもその執着を手放せませんでした・・・
反転しませんように・・・)

それで、こんなことはもう二度とあってはならない!
と、決意いたしまして、
なぜか見ぬふりをしていたこの素晴らしいベーシクファイル

「置き忘れ落とし物を防ぐ構文」

を、発信いたしましたーーーー!!!!

外出先で2回も置き忘れの危機に見舞われた日があったのですが、
1回目は自分で気づいて戻り、
2回目は人に教えてもらって戻り、
無事過ごせております!!

構文って面白いですね。

 

さてさて!

「ほんとの言霊使いは「フトマニ」の状態まで戻って、改めて名付けをする。
だから、現象が変わる」

ということでしたね!

現象が変わるってどういうことなんでしょう。
言霊で現象が変わるっていうのは確かに言いますけど、
たとえば忘れ物をして食材が手元にない。
それがゼロに戻って「ある!」「この食材で旦那さんが喜んだ!」
と発信したことで、手元に「ある」状態にはなりましたけど・・・
そういうこと?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開発部長:
そういうことだよ!

D子:
わっ びっくりした!

開発部長:
ロゴストロンはいい仕事をしますね!
私もスマホが出てきたことがありましたよ。

D子:
そういえばそんなこともありましたね・・・
すごいところから見つかりましたよね(笑)

【実証ロゴストロン】失くし物発見構文の効果!?
https://youtu.be/6tTExeQqvII

そうか、まあ現象が、

ない → ある

に、変わったということですよね。

開発部長:
そうなんだよ。ない→ある だけじゃないよ。
例えば、D子さんが何か食器を持っていたとして、それを見て、

“いや〜〜この「うつわ」。いいですね〜〜〜。”

って言霊のマスターが言うと、言霊が響いて、
D子さんが持ってる「食器」が、その瞬間に新たに創造されて、
「うつわ」になっちゃうわけ。 ピカピカ輝きだしたり!?

D子:
おっ!?
なんか今、わかった気がします!

私がなんてことない「食器」だと思って使ってたものを、
誰かが「(美しい)うつわ」なんて敬意を込めて呼ぶと、
わたしの認識も、その場で変わっちゃう、ってことありますよね!
それはその人が「フトマニ」から言葉を発しているからなのか。

開発部長:
そう、言葉が突き立つわけですよ。それはもう言霊なのよ。

D子:
言霊のマスターは、自分自身がゼロの状態に戻って、
言葉によって再創造ができるということですね!

開発部長:
そういうことなんです。
例えば、もしその言霊のマスターが、その食器を見て

“この・・・「帽子」!!” って、

「なに言ってんの、これ、食器だし!」

ってD子さんが言うのを吹き飛ばすようなパワーで言ったら、
D子さんにもその食器が、
「帽子にしか見えない!」ということになるかもしれないわけです(笑)。

D子:
むむ、それ、ある気がします。
もうその食器を、帽子と呼びたくなる・・!
そういうふうに、自分の現実も書き換えていけるわけか。

開発部長:
そうなの。
だから現実を書き換えるときは、いったんゼロに戻すために
「祓う」ことが必要なんだよね。

D子:
なるほどね、よくわかりました!

でも、「名無しの権兵衛」と「圧」は、まだ全然見えてきません。

開発部長:
今回はしっかり戻してくるねぇ〜(笑)。
よし、じゃあいくよ!!!!

 

最初に名前の無い状態があって、そこに圧がかかって、
後から名前が付けられる。

 

名前を付けたのは「人間」だよね。

 

例えば宇宙創造の“はたらき”に、

「アメノミナカヌシノカミ」

って、人間が名前をつけた。

その働き・現象と、
ピッタリの言葉の周波数を拾って名付けられているから、
その響きに「言霊」を感じるわけだよね。

つまり、
言葉を並べたときに生まれる言語周波数が現象と一致していたから、
ちゃんと響くわけだよ。
だからその言葉を発することによって、再創造が起きるわけです。

でも、別にほかの名前だっていいわけですね。

「フトマニ」

の状態にしても、ほかにいろんな呼び方をされていて、
いろんな名前が付いてるもんね。

D子:
空(くう)とか、ゼロポイントフィールド、とか、中今とか?

開発部長:
そうそう。

宇宙ってものを、文字や言葉で表現し尽くせないでしょ。

周波数といっても限界があるから、
言葉にしてしまった時点で限りが生じてしまう。

でも逆に言えば、いろんな言葉で言い換えられる、
ってことなんだよね。

何も無い状態、無名(むみょう)の状態と
有名(ゆうみょう)の「際(きわ)」、「境」に、
言葉があるわけです。

「ひとことぬし」と言って、
最初にスパッと一言で言い当ててることで、
有名の世界、「顕」の世界に再創造が起きる

それが起きるまでは、全部が一つで、
その状態は、名無しの権兵衛なんです。

そして、その名無しの権兵衛さんが圧をかけてるわけ。

D子:
えっ?
「名無しの権兵衛」に「名無しの権兵衛」が、圧をかけるの??

開発部長:
そうだよ。五次元は、全部がひとつだからね。
その中でうごめいているんだ。

そういう状態のことを、ロゴスタディでは、物理学からとって
「対称性のある状態(自在な状態、無極の状態)」とか言っている。
すべてあるけど、形になっていない状態だね。

権兵衛さんに圧がかかってくると情報が濃くなって、
方向が揃ってくるんだ。

一言主の神の働きでそれが言葉になると、

「あ、こうしよう」って、

それが意志となって、
わたしたちの中に入ってくるわけです。
「よし、あの人と結婚しよう」とか(笑)。

D子:
なるほどね・・・!

さらに突っ込みますが、
その「圧が高まる」作用というのは、どういう状態で起きるんですか?

開発部長:
ん〜〜 それだよね。
「圧がかかる」っていう、その状態にも階層があるということなんだ。

D子:
ああっ! そうか!!

開発部長:
そう、そうなんだよ!!
ここまでくると、なんとなくわかってきたかな?
じゃ、このあとは次回でね!

D子:
えっ また完結しないの〜〜!??
(つづく)