「他者も私が創造しているのか?」(2)

こんにちは、ロゴスタD子です。

ご覧いただいている方は現時点で
ほとんどいらっしゃらないだろうな〜って思いながらも、
このブログを更新しております理由は、
たぶん誰かがいつかこのブログを見つけられて
ロゴストロンの世界へ誘われる、ということもあろうかと。
そういう狙いです・・・

今月リリースのベーシック構文の中に、
「髪型最適化構文」を見つけられたかと思います。
今回の「髪型事件」における反省を踏まえ、
構文をさらに最適化して、採用していただきました。

忘年会でもネタにされ続けるなど
相変わらず周囲の方々の意識に
いろいろインパクトを与えているこの髪型ですが、
これが構文になったことで

「転んでもタダでは起きない でーこ」

と、田名部研究員に褒めて(?)いただきましたよ・・・

ようやく、朝、鏡を見てもびっくりしなくなったというか
この髪型の自分が意識にインストールされました。
いや〜認識にこんだけ長くかかったの、
人生で初めてでした。

さてさて。
今回は、「他者も私が創造しているのか?」の続きです。

わたしが見ている宇宙は、わたしにしか見ることができないもの。
読者の皆さんの見ている宇宙も、ご自身にしか見ることができない。
すべての人と人の関係は、表と裏のような関係になっている・・・

わかります???

今日はさらに「第三者の視点」へと話が進みますよ〜〜!

・・・・・・・・・・

開発部長:

視界を360度回転させてぐるっと身の回りを見渡すと、
すべての表側、要は自分に見えている面だけが見えますよね。
そして実際にはそれぞれ、すべてのものに「裏側」があります。

その裏側は、そのものにとって「私」と認識している面であり、
またそれぞれが宇宙を創造しています。

D子:
うーん、くどいようですがもう一度言いますと・・

部長が、部長から見たD子(私)を創造していて、
同時にD子は、D子から見たD子を創造してる。

同時にD子は、D子から見た部長を創造していて、
部長は、部長から見た部長を創造していると。

D子と、部長それぞれに表裏がある。
それが自己と他者の創造の関係だと。そういうことですね?
言葉にするとヤヤコシイですが・・・。

開発部長:
そういうことです!!!
目の前にいる誰か、仮にAさんとしますが、
このAさんの創造する宇宙は、
わたしが見ている宇宙とは「反転し合った宇宙」で、重ならないのです。

わたしの知っているAさん、これを自己内他者(私の中の他者、Aさん)と言いますが、
これは、本当のAさんではないですよね。
わたしの知っているAさんでしかなく、「表面だけ」のAさんです。
Aさんの内面である裏面は、Aさん本人にしかわかりません。

そして、逆にそのAさんの宇宙には、
Aさんから見た自己内他者、つまりわたしの「表面」が映っているわけですよ。

それぞれ別の宇宙なのです。

ここまでが第二階層の意識です。
わたしが私「(自己内自己)」を見ている第一階層、
私が他者(自己内他者)を見ている第二階層です。

D子:
なるほど! それが階層なんですね!
でも、そんな感じだと「裏トモキ」とか「裏D子」とか、
人間不信になりそう・・・。

開発部長:
そうなんですよね。
第二階層までは、P 15の図の通り、「情」つまり「情緒」の世界なんですよ。

ここから、階層が展開します。

本当の人の姿であり、「家族」であり「魂」の階層です。
自分の宇宙と他者の宇宙は、別々に存在していますが、
それらを統合する階層の視点を獲得するのです。

D子:
おお〜 このままでは終わらないんですね!

開発部長:
この第三階層は、自己と他者を平等に見ることができる、
「第三者」が登場します。

例えばここに一人、ヒロシくんという人が加わったとしましょう。

D子:
はい。

開発部長:
このヒロシくんからは、D子とトモキの関係がよく見えるわけです。
当然ですよね、D子とトモキが向かい合って話している姿が
同時に視界に入ってくるので、二人がお互いにどういう気持ちか、
ヒロシくんは客観的に見ることができるわけです。

トモキからは見えなかった、D子の顔の後ろ側も表側も、ヒロシくんには見える。
つまり、これまで秘密にされていた
「裏D子が実際、どう思っているのか」が見えてくる、ということです。

わたしがこの「ヒロシくんの視点」を持つことで初めて、
「D子さんがわたしのことをどう思っているのか」ということも、
見えてくるんですよ。

D子:
あらっ確かに・・・!
ヒロシくんからは、裏トモキも裏D子も見えてますね!

開発部長:
そうなんです。そして、ヒロシくんの視点がわたしにささやくのです、
「D子はこういう風に思ってるよ」・・・と(笑)。

D子:
裏D子を見破った上に、部長に密告までしてるのか。ヒロシめ・・・!

開発部長:
密告じゃないね、それが第三者の視点ですよ。
ヒロシくんになったつもりで自己も他者も見ていくと、
だんだん第三者(ヒロシくん) の視点が育ってきて、
自己と他者が統合されてくるわけですよ。
そうして、第三階層の意識が生まれていくってことですね!

D子:
なるほどな〜。
でも、「自分の意識がすべてを創造する」ということからすると、
ヒロシくんの視点が加わっただけじゃ、
ヒロシくんから見える二人の裏側が見えるようになるだけでしょ。
「すべて」なんて大きく出たわりに、ちっさい話ですよね。

開発部長:
・・・( ̄Д ̄;; 今の段階でやっと第三階層やっちゅーねん。
上の階層からの視点が加わるごとに、自分に見えている世界が広がって、
「すべて」ではないにしろ「私が創造している世界」が増えていくんだよ。

例えば、階層を社会へ広げようとすれば、
何万人といる人たちをすべて統合する視点に立つ必要がある。
それが「社会の視点」ということですから、
当然、自分だけのわがままが実現するわけではないですよね。
すべてを網羅した上で「最適」に創造する必要がある、ということなんです。

D子:
社会の視点・・・そんなものがいるのか・・・(泣)。
しかし「公」、そして「最適化の視点」を持つことができれば、
現実化が容易になると! いうことですね!

開発部長:
そういうことです!
そして、最終的に第五階層の「すべてを創造している階層」に至ります。
これは第一階層のような、私しかいない宇宙ではなく、
私以外のすべての他者が存在する宇宙なので、
善い悪いを超えて「最適」な意志でなければ、実現しないわけです!

D子:
なんとなくわかってきました! 
まずは、ちょっと性格の悪いヒロシくんの視点からやってみようっと。

開発部長:
おーい、ほんまにわかっとるんかいな・・・。

つづく。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

この記事にコメントする

ここまでの情報を記憶しますか?